女性に多い冷え性

姿勢から、ココロとカラダをととのえる。

谷川アツシです🌈

 

今日は「冷え性」のお話。

 

冷え性とは?

特に手や足の先などの末端や腕、脚などが温まらず、冷えているような感覚の状態のこと。

 

冷え性が引き起こすカラダへの影響

①血液の巡りが悪い状態

②免疫力が低下しやすい

②内臓まで冷えていることが多い

③自律神経のバランスが乱れやすい など

 

 

カラダがこのような状態になってしまうと。。。

 

⚫︎肌荒れ、かさつき

⚫︎頻尿、膀胱炎

⚫︎下痢、便秘

⚫︎肩凝り、腰痛、膝痛

⚫︎風邪をひきやすい

⚫︎皮膚疾患 など

 

冷え性は、女性に多く見られる症状ですが、男性でも1割〜2割近く冷え性の方が見受けられます。

 

 

 

 

冷え性はなぜ起こる❓

①生活習慣:食事、睡眠、運動、入浴

②生活環境:冷房、衣服の変化

③ストレス過多:ストレスの発散が上手くできていない

 

 

このように冷えの状況を重ねていくことを、東洋医学では「積冷」と言います。

 

 

冷え性を改善していくためには❓

①生活習慣の改善

・食生活:カラダを温める食べ物(玄米や根菜類、常温かそれ以上の水分の取り方)をとる

・睡眠:夜更かしはしない

・運動:トータルで1日20分以上歩く、腹筋とスクワットを1日10回

・入浴:湯船に浸かる

 

②生活環境

・空調対策:冷房の設定温度を下げ過ぎない、外出する際は一枚う上着を準備しておく

 

③ストレス対策

・ストレス発散:五感を刺激する(面倒がらずに外を歩いて景色や空気の変化を感じる)、大きな深呼吸をする時間を作る

        お腹と腰のあたりを温める(カイロを貼ると実践しやすい)

 

 

同じように生活していても、冷え性の人とそうではない人があって、個人差はあります。

一番最初にすることは、今の自分のカラダの状況や特徴を把握することです。

次に、今の生活習慣や環境を再確認です。その上で、みなさんそれぞれに合った対策をしていきましょう❗️

 

以前の僕は、冷え性ではなく「低体温」でした。

風邪を引くことも多かったですし、すぐにカラダが冷えてくるタイプでした。

すぐに実行したことは、

・食生活の見直し:朝ごはんにパンとサラダ→おかゆ

・飲料水:常温の水、マイポットに紅茶&生姜

※運動はお仕事柄、筋トレとランニングを続けていました

 

当時はとにかく会社第一の日々を過ごしていました。

そこで、行きたかった勉強会に行ったり、やりたかった趣味にチャレンジしたり、会いたかった人に会ったりと、

自分の時間を積極的に使うようになりました。

 

そのことで、平熱35.7℃から36.5℃までになりました。

 

 

すべてのことを一気に実行することは大変です。

しかし、1つのできることから実行すrことは可能です❗️

 

みなさんも、はじめましょう‼️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください