冬の不調と自律神経のおはなし

姿勢から、ココロとカラダを整える。

谷川 アツシです🌈

 

今年の冬のはじまりは、暖かい日と寒い日の気温差が大きいですね。

 

 

気温が下がってカラダが冷えやすい冬。

 

お腹をこわしたり、便秘になりやすかったりと、お通じへの影響も大きいですよね。

 

冬は、寒さから身を守るために血管が収縮することなどで、

私たちの体調をコントロールしている自律神経のバランスが乱れやすくなります。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

 

交感神経と副交感神経の働きをとても簡単に胃いうと、

・交感神経 :カラダを活動的な状態にさせる

・副交感神経:カラダを休む状態にさせる

自律神経は、内臓のはたらきをコントロールする司令塔。

そのはたらきが乱れてしまうと、体調に不調が現れます。

 

寒い冬、カラダを冷やさないことです!

 

 

防寒

 

入浴

 

運動

 

セルフケアで、寒い冬も体調万全で快適に過ごしていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください