健康は自分ひとりのものではない

生活する上で特に困ったことがなければ、”自分の健康”について深く考えることは少ないかもしれない。

病気になったり、怪我をしたり、痛めたりした時に、健康について真剣に考えることになる。

健康を損なった時、周りの人のサポートを受けることによって、「自分はひとりじゃないんだ」と周りの人の温かさを感じ、「迷惑をかけてしまったな」とも感じる。

決して”周りの人に迷惑をかけないために健康を維持する”わけではないが、健康を維持するということは、活動的・前向き・病気や怪我になりにくいといったメリットがたくさんある。

健康はひとりのものではなく、個人→家族→会社→社会→国家→地球規模で考えるべき最も重要な課題だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください