効果の決め手は、『どう動かしているのか?』を考えること

筋力アップ、シェイプアップ、ダイエットetc. 今や健康・ダイエットに加え、美しい肉体を作るためのトレーニングやストレッチ、ヨガやピラティスなど、体づくりの情報は、書籍や動画から手軽に手に入れることができる。その一方で、『書いている通りに』『動画の通りに』はたまた『指導者の言う通りに』やってみたものの効果が出ない。さらに残念なのは、『どこかを痛めてしまった。。。』という人も出ているのも現状だ。例えば、”体幹トレーニング”の代名詞のようにたくさんの人がやっている”プランク”という種目がある。形は写真の通り。『体を真っ直ぐに保つように』と書いてあったり、指導を受ける。この時、”どう真っ直ぐに保つのか”が最も重要なのであって、真っ直ぐに保つことが重要なのではない。どこの筋肉を意識して、地面に対して真っ直ぐ姿勢を保つのか?筋肉をどう動かすと目的にしている部位に効くのか?を考えて実践することが効果を出す近道なのだ。見た目は同じでも、その中身である”筋肉の動かし方”が違ってしまえば目的とは違う結果が出るのは当然。それはトレーニングもストレッチも同じことなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください