姿勢の乱れは内臓やメンタルにも影響する

姿勢は見た目の印象のみならず、筋肉や関節・内臓やメンタルにまで大きな影響を与えます。

図のように、背骨を通っている神経は内臓の諸器官へと繋がっています。
例えば、胃の不調は胸椎の5~11のあたりに表れます。

これは逆に背骨のバランスが悪くなっていくことで、内臓の諸器官に悪い影響を与えることも考えられます。

背中が丸まった姿勢は、知らないうちに内臓を圧迫しています。
特にたくさん酸素を取り込むための肺を圧迫してしまうので、いつの間にか呼吸が浅くなっています。

心配事があったり、不安があったり、イライラしたり。。。。
もしかしたら、姿勢からきているかもしれません。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください