姿勢がととのえば一生歩ける〜歩きのフォームを気にしてみる

私たちは、生まれて約1年で立ち上がって歩き始めます。

年齢ー1=歩き続けてきた年数

ということになりますね。

私たちは、自然に身につけた歩きのフォームで今も歩き続けています。

街を歩いていると、大きなウィンドウに映る自分の姿に「ハッと!」した経験はありませんか?

ウィンドウに映った自分は、自分が認識している自分とは違ったのではないでしょうか?「こんな姿勢で歩いていたの⁈」と。

そして、周りの人の歩き方を見ていて感じていたことが、自分自身にも当てはまってしまっていないでしょうか?

歩きのフォームは、ほぼ教わることはありません。しかし、私たちが生活していく上で、”歩く”ということは必要不可欠な動作です。そして、歩きのフォームの崩れは見た目年齢を大幅にアップさせています。

見た目年齢をアップさせる歩きのフォーム

⚫︎背中が丸い

⚫︎頭が前に出ている

⚫︎膝下の蹴出しで歩いている(ちょこちょこ歩き)

  

周りの人の歩きのフォームをじっくり観察した後に、自分自身の歩きのフォームをチェックしてみましょう!

 

最新情報をチェックしよう!