股関節をわかりやすく伸ばす方法

座っているとずっと縮まっている筋肉

座っている姿勢では、股関節はずっと曲がりっぱなしの状態です。この時、腸腰筋という骨盤と脚を繋いでいる深層部にある筋肉が縮まったままになっています。

脚の浮腫みと腰痛

座っている姿勢は、股関節・膝関節・足首の3つの関節が曲がったままの状態になることから、下半身の血流量が低下が起こり、それが浮腫みの原因にもなっている。

腸腰筋と腰痛の関係

骨盤と脚の骨を繋いでいる腸腰筋が硬くなることで、骨盤が前方に引っ張られて腰が反りやすくなり、腰痛を引き起こす原因にもなっている。

最新情報をチェックしよう!